オーダースーツ

  • TOP
  • オーダースーツ

エルメネジルド・ゼニアの代表的なスーツ生地銘柄のひとつエレクタシリーズ

エレクタとは、ラテン語で「秀逸」という意味になるようです

ゼニアと言えば

トロフェオやトラベラーのネームが先行しがちですが

エレクタも、実は世紀を超えての名品なのです

トラベラー同様、耐久性とシワが気にならない点でもおすすめです。

わかりやすくみてもらうなら

エレクターの目付は300g・・・重厚感 

トラベラーの目付は250g・・・軽快さ

 

おすすめしたい人は、生地の特性から考えれば日中動き回られたり、

生地の特性から、少しばかり耐久性に目を向けられている方へご提案させて頂いております。

エレガンスのあるしっとりとした重厚感漂う雰囲気で

なんといっても、エグゼクティブに相応しいグレード感があります

 

 

MORE

21マイクロンの原毛を使用しており、Vitale Barberis Canonico社のアイコン的な素材でSuperbio というペットネームが付いております。

 

特徴としましては、強度が強く張り越しのしっかりした、仕立て映えのする、また収縮性にも富んだ素材となっております。

 

Super140/150’s等の細番手とは、真逆の位置にあるしっかりとした打ち込みの生地です。

 

 

人気の高さから、春夏物には、同じ糸を使用し、SPRING 4ply、rustic topicalなども生産されております。

 

ALL WOOL 360g

 

 

 

MORE

オーダースーツ Ermenegildo Zegna

 

 

 

 

 

通称キング・オブ・ゼニアの異名を持ち

エルメネジルド・ゼニアの中でも最高峰の生地が15 MilMil 15(15ミルミル15)です。

 

 

 

 

MORE

オーダージャケット Scabal

 

 

 

 

 

スモーキングジャケットになります

 

 

 

 

 煙草を吸う時に羽織る衣服としてデザインされたものになるようです。

 

スモーキングジャケットは19世紀中頃に、タキシードの原型と言われていて、ショールカラー、ターンナップカフス、トグルボタンという装いも基本としてはありますが

もっと、デイリーにもご着用頂けるようにシンプルなデザインでお仕立てさせて頂きました。

MORE

SCABAL PULSE

適度なストレッチ性が特徴です

ハードなストレッチ素材のものだと
着用により伸びてきたり、膝がでてくるので永く着て頂こうとなると
オーダーして戴くのが、少し勿体ない部分もございます

ビジネスシーンというよりジャケット単品やスラックスに
おすすめしたいファブリックコレクションです

 

MORE

葛利毛織さんがフェレイラモヘアの中でも

より細くて良質な原料のみを選んで

ションヘル織り機で織ったスーツ生地

 

<フェレイラモヘア>
モヘア(アンゴラ山羊)は南アフリカが産地だとされていますが、フェレイラ兄弟は、より良い品質を求めて南アフリカからオーストラリアに移住して世界に無い品質のモヘアが誕生した。(19~20ミクロンと繊度が細く、白度も高く、繊維長も長い)

その原料によってモヘア100%での朱子織や綾織、軽量の平織が実現しました
(通常は平織りで粗いものがほとんど)

品質の高さから、ゼニア社が買い占めようとしたが、自分たちの名前が分からなくなることや、他の牧場の原料と混ぜられることに難色を示してフェレイラ兄弟は断っていたエピソードがあるようです。

 

フェレイラモヘアの艶、ハリ、軽さはこれまでのモヘアの常識を変える革新的な生地に仕上がっています。

 

モヘアといえば、夏のイメージが強いですが一年を通してモヘアスーツを着れます。

ヨーロッパでは1mあたりの重さで生地を表していますが、一般的には280~290gが夏用。肌に対する接地面が少なくシャリっとした質感で快適であったり皴になりにくいことから、夏場に人気があります。

他に大きく330~340g、380g等あります、冬場は非常に快適です。

今回ご紹介させていただいた生地は381gとなります。

MORE

Scabal  TORNADO (トルネード=竜巻)


トルネードは、スキャバルの中でも秋冬物としてしっかりとした厚みのある素材のコレクションです。

これからの秋・冬・春先の3シーズンご着用戴ける生地です。

2PLYヤーン『双糸』(2本の糸を撚り合わせた糸で織られた生地ということです。 ハリコシが強くて、シワになりづらい、通気性のよい生地です。)を使用した320gのミディアムウェイトの生地で、耐久性の高さと、モダンテイスト溢れるブリティッシュ・ルックを持ち合わせていますのでスーツだけでなく、スラックスやジレ単品でも扱いやすい生地になると思います。

ベルギー王室御用達と聞くとチョコレートのイメージがありますが、スキャバルの生地も王室御用達とのことでした。なんだか高貴ですね。

 

MORE

 

ようやく、温かくなってきましたね。

 

ゼニアでも最新テクノロジーを駆使して研究開発されたのが、クールエフェクトのラインになります。

特徴は生地の染色と仕上げの段階で”太陽光を反射”する特別なトリートメント加工を施していること。

体感温度の上昇を抑制する効果があり、真夏の太陽の下でも快適なスタイリングでご着用いただけます。

 

画像にするとやはり濃いお色目になってしまうのですがご参考にして頂ければ幸いです。

 

MORE