オーダースーツ

  • TOP
  • オーダースーツ

Order Suit

オーダースーツ 納期約8週間~

オーダースーツ 納期約8週間~
オーダースーツ 納期約8週間~
オーダースーツ 納期約8週間~
オーダースーツ 納期約8週間~

女性用オーダースーツも取り扱っております。

オーダースーツ

 

当店で扱っているのは、世界中から集められたトップクラスの素材ばかりです。

ビジネス用途からカジュアルな用途まで
ご来店戴けるお客様のお好みに合わせてご提案できるように
様々な国々の生地を取り揃えています。
お気に入りの一着を見つけていただけるよう
一生懸命にご提案させて頂いております。

また、着用時間と用途に合わせたフォーマルウェアの
お仕立てもさせて頂いております。


・朝・昼の正礼装のモーニングコート
・朝・昼の準礼装のディレクターズスーツ
・夜の正礼装のタキシード

 

徹底したメジャーリング

20年超経験の店主が採寸、お客様のお好みをヒアリングさせてもらいながら
メジャーリングをさせて頂いております。

 

カジュアル感のあるジャケットから重厚感がありハンドメイドによる柔らかな風合いの良さを残したものまで、仕立て映えする立体感のあるスーツ・ジャケットをオーダーして頂けます。


スタイルやご予算に合わせてご相談くださいませ。

 

 

トータルコーディネート

当店では、トータルコーディネートを提案させて頂いております。お客様とのカウンセリングやフィッティングを通じて、趣味嗜好、生活スタイル、ご用途等をお聞きし、お客様が思い描く理想に沿った提案をさせて頂いております。一人ひとりに寄り添い、お客様だけの一着をご提供することで、お客様のお役に立ち、着こなしの素晴らしさをお届けしたいと考えております。

年間を通じて、春・夏・秋・冬でのトータルコーディネートも承っております。商談や会合、新規取引先様への訪問など、様々なシーンでスーツを着用されるお客様には、ネクタイや靴、メンテナンスに至るまで、お客様のご要望にお応えするサービスを提供しております。

 

【お打ち合わせの流れ】
初回・・・各シーズンはじめに、お打ち合わせにてご要望をお伺い方向性を決めていきます
二回目・・・コーディネートご提案と採寸
三回目・・・1~2ヶ月後納品、最終チェック

 

 

オーダースーツ フロー
オーダーパンツ フロー

Order Shirts

オーダーシャツ

オーダーシャツ

納期約4週間 15,200円~

美しく仕立てられたオーダースーツを更に引き立てるのはシャツです。

オーダーのサイズに関しては、ネックサイズ・ボディーサイズ38からビックサイズの49まで取り揃えております。
衿型やカフス型のデザインやカラーリングなどでアピールして頂けます。
生地に関しても、勿論イタリアンファブリックから良質な国産のものまで展開。

イメージされているご要望やご予算を検討しながらご相談させてもらいます。

 

オーダーシャツ フロー

※Wrinkle Free(リンクルフリー)コットン本来の風合いと柔らかな着心地を損なわず、シワの解消に優れたコットン100%の形態安定ファブリック。シワが付いてしまった場合でも、生地を水で少し湿らしかるく張るだけでほとんどのシワを簡単に取ることができるため、毎日忙しくアイロンをかける時間が無い、または出張する際のシャツを鞄に入れた時にシワがついてお悩みのビジネスパーソンにお勧めです。最先端の紡績技術により誕生したコットン100%形態安定ファブリック Wrinkle Freeを是非、ご体感ください。

オーダーシャツ フロー

各種オーダー製品 OEM 

お客様からのご要望に応じて、想いを形にするお手伝いをさせて頂いております。         何なりとご相談くださいませ。

by Appointment/採寸のご予約

予約制

TEL:075-705-3201
メールでのお問い合わせはこちら

 

インポートのPTやインコテックスも良いけれども

自分のサイズがサイズアウトしてしまっていたり

ウエスト部分だけがどうしても気になったり、裾幅だけもう少しゆとりを持たせたかったり

スポーツをしていて渡りだけがどうしてもきつい等々

 

ディテールこだわりたい場合は、ご相談くださいませ

 

ノープリーツ、1プリーツ、2プリーツ

基本的にはベルトループ付きにした方が、ラウンドされるときは便利かと思いますが

ベルトレスにも出来ます

アレンジで、ポケットを縦や画像のように斜めに

尻ポケットは、ボタン付きや釦無しなど選択してもらえます

 

ハンカチを常にポケットに入れられる場合は、ボタン付きでない方が

便利だったりします

 

また、車の乗り降りが多い方は、

右ハンドルなのか?左ハンドルが多いのか?など考えて

右の尻ポケットには釦をつける

左の尻ポケットには釦をつけない等の設計を考えてみるのも一つの手だと思います

 

 

 

 

こちらのモデルは、伸縮性ありキックバックも良くてゴルフでも最適です

 

 

 

▲こちらは、オリジナルローファーです

 

 

スピンカードリルは、先にご紹介させて頂いていた生地と比べると

どちらかというと打ち込みがしっかりしていて

ホップサックの紺ブレなどには愛称が良いかなと思います

MORE

 

スラックスのオーダーをして頂きました

ドローコードやウエストゴムで伸縮して動きやすいパンツ
ゴルフ用としても、便利に使いまわせたりします

 

こちらの素材は、2WAYストレッチで、ビジネスシーンにおいては、
長時間のフライトや出張続きになると
どうしても楽な方がストレスを感じないので便利なのは確かです

 

アンコンジャケットとの相性も良かったりしますので、軽めのカジュアルジャケット一枚スーツケースに詰め混んで、現場で着用して着こなして頂けますね

機能的で、ソフトな風合いで、しなやかな肌触りです

 

素材は、東レさんのもので軽くて暖かいです

 

オーダー時に、パンツの裏地を表裏とも裾まで付けさせて頂きました

 

優れた吸湿発熱機能により、繊維が体から出る湿気や汗などの水分を吸収して発熱効果のある糸が使われています


また、余分な湿気を逃して、蒸れにくく、いつもフレッシュです

色・柄も豊富にございます

MORE

鉄板の濃紺

つやと良いまさにインポートの表情をしていて良い生地でしたが

もうすでに完売してしまいました

黒無地はまだ御座います

モデルPにておつくり頂いております

ゴージライン高く、英国調のモデルとなります

MORE

ドローコード セットアップになります

素材は、コットンがメインでやや薄手のニット素材になります

ソフトな肌あたりと、コットン素材独特のコシがある風合いが特徴です

 

 

デニム風のジャージ素材でのセットアップ

Tシャツやニットと軽快にカジュアルなアイテムに幅広く

 

MORE

ダウンからの卒業ということでおつくり頂きました

紳士のたしなみですね

MORE

英国の伝統的なモデルでのお仕立て上がりになります

 

構築的で英国の伝統的なスタイルのスーツで、肩パットもしっかり入れておつくりさせていただいております。

 

英国の正統派なスタイルをお好みの方におススメさせて頂きたいモデルになります。

 

 

ゴージ位置が高く、同時にウエスト絞り位置も高めの設定になっています。

 

 

MORE

ハイパフォーマンスとトラベラーは、純粋な用途を共有する2つのファブリック

ゼニアジャパンからのインフォメーションとしては

極上のオーストラリア産ウールと強撚糸の特徴により、正しいハンギングをすれば、
旅行や長時間労働をした後でも、皴なく元の姿を取り戻す傾向があります。
どちらの生地もフォーマルだが、着やすいスーツを作るのに理想的です。
ストレッチテクノロジーのおかげで、ハイパフォーマンスはさらに快適になりました。

また、スーツやジャケットに合わせるパンツ地として
オールマイティに活用して頂けますとのこと

 

Google先生に直訳してもらったらこんな感じでした。

ニュアンス的には掴んでいただけると思います。

 

 

 

ハイパフォーマンスに関しては
極上のオーストラリア産ウール97%とエラステン3%入りのストレッチ素材
昨今着心地の良さを追求されるお客さまも多いとのことで
且つ高級なものを求められる方へ向けてのプレゼンになっています

MORE

希少な生地でお仕立ていただきました
今は出回っていない、ドーメル社のトニック2000シリーズ

ラペルの部分(第一釦部分)をアイロンワークにてボリュームを出しています
より立体的に見えて、仕立て映えした、堂々としたスタイルになります

 

英国製の生地でハリがあり仕立て映えします
モヘア素材は夏のイメージがありますが
こちらは、ウール70%モヘア30%の素材で
年間を通じて3シーズンご着用頂けるような生地になります

ドーメル社の七宝釦仕様。袖山から袖先のバランス考えると、袖口は本切羽の1つ釦にて軽快感をだしました

袖口釦は、特に3つ釦や4つ釦にしなければならないというルールはないので、デスクワークも多くなると、釦が多いより、少ない方がストレスにならないのではないかと思います

書籍出版記念として、中里英樹様(甲南大学文学部教授)におつくり頂いたジャケット

(写真は、ご本人様許可済みです)

モヘアの独特な艶感
学会や講壇の場では、上品な艶感の出るモヘア素材
皴にもなりにくく、ご出張等での活用
英国製ならではの仕立て映えするジャケットとして
重宝してご着用してもらえるのではないかと思い、ご提案させて頂きました

 


中里英樹 著 男性育休の社会学
https://saihatesha.com/books02-31.html

中里英樹様 積水ハウス 動画監修
積水ハウスが2018年から進めている男性育休プロジェクト動画
「【昭和・平成・令和】いままでの父親、これからの父親。#育休を考える日」
https://www.sekisuihouse.co.jp/ikukyu/movie/

 

 

MORE

秋冬の装い

今シーズンも、素敵な生地が入荷して参りました。
古巣ゼニアは元より、ご覧いただける沢山の生地を取り揃えております。

なかでも、英国の生地も
トレンドであることは間違いなく
気になるところでピックアップしてみました。

 


肩の力を抜いたカントリージェントルマンな装いとして

ジャケットは秋冬の大定番ツイード生地

 

例えば、こちらのようなハリスツイード(スコットランド)
W100% 目付500g
ヘヴィーウエイトのジャケットに
擦り切れてきたら、エルボーパッチをつけるのもカッコいいと思います

パンツは
ウィリアムブラウン(英国)
W100% 目付310g
グリーンのタータンチェックのスラックス

 

靴はパラブーツと言ったところになると思いますが
ここ最近は、ちょっと休んでいます

パラブーツも大好きな靴で
展開は出来るのですが


オリジナルで展開している
グッドイヤー製法のオーダーシューズの方をご紹介させて頂きます
シューズの方ですが、あまりご紹介出来ていなくてすみません

そのバタ臭さとカントリーテイストを意識しているモデルになります

外見だけでなく、中身においても
設計に関しては、ふまず部分を盛り上げており
ふまずが落ちてしまい、疲れないように考えました

 

4アイレットの外羽根ロングウィングチップ

 

スエードなら、英国製のチャールズFステッドの
ブラック、ブラウン、ネイビーの展開をしています

お好みで色目は変わってくると思いますが
色を拾う観点からすると、どれもハマる色ではないかと思います

MORE

 

絶妙なヘリンボン柄からで、奥から光沢が出るイメージに仕上がっています

 

こちらの、カノニコのボーソレイユ(冬用ののソラーロ生地)は
特殊な太い原毛である21マイクロンウールを経糸・緯糸ともに
54番手の双糸にして織り上げられたもので、370g/mのウェイトになっています

この数値だけで、生地の打ち込みはしっかりしているのはわかってもらえると思います

肉厚で耐久性に優れ、シワにもなりにくく、仕立て映えする生地です

敢えて、裏側を使用してお仕立てする方法もあります

ジャケットスタイルに、パープルのスラックスは素敵なコーディネーションになると思います。

 

イメージとしては、裏地なしの軽めのジャケットやコートで
新しい玉虫色を楽しんで頂けるような生地だと思います

MORE