新着情報

  • TOP
  • 新着情報

News

1月7日(日)から16日(火)まで

イタリア出張(仕入れの為)、臨時休業致します

恐れ入りますがどうぞよろしくお願い申し上げます

MORE

Stratosphere(ストラトスフィア)は、現代的なデザインを取り入れ

エレガントファッションを演出するモダンチェックデザインなどを31柄を揃えています

 

DSC_0637

 

 

上質でラグジュアリーなクオリティを体感してみてください。

 

DSC_0639

 

Worsted wool 50%・Cashmere 35%・Silk 15%

 正真正銘のMade In England

ウェイトはなんと230 grsと相当軽いです 

 

 

また、大ヒットを記録した映画「キングスマン」

第2弾「キングスマン:ゴールデン・サークル」が来年1月5日に日本公開となり

前作に引き続き、メインキャストの3名がドーメルスーツを着用しております

是非、着こなしなどをご覧になってみてください

 

Discover 175, a quality celebrating 175 years of passion !

http://bit.ly/2h7hBFJ

hidfobphloloboge

MORE

12月17日(日)出張の為、17時迄の営業とさせていただきます。

勝手しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

MORE

メイカー協賛

今年もやります。

 

通常オーダー頂くとゆっくり20,000円〜30,000円を超えるインポートシャツ素材ですが この度、土井縫工所さん(岡山県)ご協力

2017.11.18(土)~12.10(日)開催

トーマスメイソンリミテッドノベルティフェア

今回は、同時開催、カンクリーニ着分フェアもやります。

thomas_lnf_07

 

THOMAS MASONについて

1796年、産業革命真っ只中に英国で誕生したシャツ生地メーカー「THOMAS MASON(トーマス・メイソン)」。ロイヤルワラント(英国王室御用達)も享受する程の由緒正しい英国を代表するメーカーです。

例えば、コムデギャルソンのようなデザイナーズブランド等にも生地を供給するなど伝統に囚われないブランド展開です。

 

CANCLINIについて

同時開催、カンクリーニ着分フェアも同時是非です。

イタリア・コモにある老舗シャツ生地メーカーであるカンクリーニ。  

エルメスやグッチなどのトップメゾンブランドにも素材提供を行っている名門。 

 

IMG_1179

MORE

10月26日(木)27(金)出張の為、臨時休業致します。

勝手しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

MORE

10月18日(水)19(木)出張の為、臨時休業致します。

勝手しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

MORE

レディースサイズの22.5cmでおつくりいただきました。

ホワイトが爽やかで素敵な一足です。

トラディショナルなスタイルのこちらのブーツ

女性の方にも是非おつくりいただきたい一足です。

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~

DSC_0156

当店のオーダーシューズは、宮城興業株式会社のふるさと納税お仕立券がご利用頂けます。
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/06213/20702

 

MORE

伝説の靴職人 関信義の1番弟子 津久井玲子氏によるトランクショーを開催いたします。

DSC_0044 

 

8月28日(月)、29日(火)、30日(水)の3日間という短いお時間ですが
気になる方は是非お問合せくださいませ。

 

DSC_0046

DSC_0060  

 

完全ご予約制となっておりまして、現在のところ、先約を頂いており受付できない時間帯もございます。

 

 

DSC_0050   


 

お問い合わせ頂けると幸いです。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

MORE

2018SS、来春の受注会のご案内です。

吸い付くような滑らかな質感のラムスキンやゴートスエードを使用したブルゾンです。

イタリアンラギッドというか、少し悪のあるアイテムですが

正統派クラシックスタイルにレザーアイテムとのコーディネートはいかがでしょうか。

タンナーはサンタクローチェ。ここは、クローム鞣の代表格でイタリア皮革産業の聖地でもあります。

こなれたプライスレンジで普段使いにおすすめしたいです。

DSC_0172

MORE

 

1947年、ミラノで創業されたブランドです。最上級の素材のみを使用し、約8名の熟練職人の手作業による製造にこだわり続けています。

 

IMG_2270

 

流れ作業的な生産ではなく、革の裁断から仕上げまでの全工程を一人の職人が一貫して行うという伝統的な生産体制を今でも続けており、1点1点丁寧に、見た目もさることながら実用的で長く使えるバッグを作り続けているため、ひとつのバッグを仕上げるまでに3日かかることも珍しくありません。

こうして製品のクオリティの高さを守り続けているのです。この技術の高さと丁寧な仕事ぶりから、世界の様々な有名ブランドがこぞって自社のレザーアイテムの製造を依頼しています。  

 

IMG_2269 

また、1956年にはレザーアイテムの国際見本市「MIPEL」において、最もすぐれたアイテムに送られる金メダルが授与され、1991年にはMIPELへの連続出展を称えられたメダルが送られるほど品質に拘った逸品です。

MORE