2019年 8月 15日

  • TOP
  • 2019年 8月 15日
オーダースーツ    Loro Piana

 

 

 

 

 

 

 

カシミアのニットやマフラーでは有名なロロ・ピアーナ

代表のセルジオはヨットなどのマリンスポーツや乗馬がお好きなようで

避暑地で着こなす上品で上質なカジュアアイテムが多くありますね。

ブルネロ クチネリとよく比較されるラグジュアリーブランドです。

 

そんなロロ・ピアーナに関しても、ゼニアと似ていて

オリジナルラインと服地などを提供している部門があります。

ロロ・ピアーナの生地は基本的には、柔らかく上質です。

常日頃から生地は色々と探しており、リーズナブルにご提案させてもらっております。

 

 

MORE

オーダースーツ Ermenegildo Zegna

 

 

 

 

 

 

もう、大好物のトロフェオ

そのカシミアのような肌触りの柔らかな高級服地です

ゼニアと言えば、トロフェオとトラベラーが代名詞です

 

MORE

オーダースーツ Larusmiani

 

 

 

 

 

ほどよい、ストレッチ感がうれしいイタリアはラルスミアーニ

スーツでおつくり頂きましたが、ジャケパンでもいけるんでないかと

欲張りなセットアップです

 

 

 

 

単品パンツでもおつくり頂いております

尻ポケにロゴ付けました(笑)

MORE

革靴のトレンド 2019A/W

 

 

 

 

 

 

 

こちらのブログでは、靴に関してはあえて
記載していなかったのですが
ちょくちょくと掲載していければと思っています。


靴に関しては、Micamというイタリアはミラノでやっている展示会があります。
当時からMicamは出入りさせてもらっていたのですが
ある時、イタリア貿易振興会さんから展示会招待のお誘い頂き
渡航費や宿泊費等もすべてまかなってくれるという美味しい(笑)お話を頂きました。
ジャーナリストの方々や大手のセレクトショップのバイヤーさんたちと
ご一緒させてもらいました。
普段ご一緒できないような、メンバーさん達のバイイングの仕方やお話をしている中で
自分の中では、独立する大きなきっかけになったと思います。

▲クロケット&ジョーンズ社 社長のジョナサン・ジョーンズさん

当時、靴業界でのメルセデス・ベンツを目指すとお話されていました。

 

▲エンツォ・ボナフェ社のマッシモさん

エンツォの息子さんです

シューズデザイナーの坪内浩さんの計らいで

ボローニャにあるファクトリーにも行ってきました。

某ラグジュアリーブランドの靴も作られていました。

ちなみに、最近では坪内さんがデザインされた靴では

WH(ダブルエイチ)というブランドを立ち上げられて人気がありますね。

 


独立するまでは、靴のバイイングを中心にお仕事させてもらっていたので
それまでは、クロケット&ジョーンズやエンツォ・ボナフェなども別注等して
つくってきました。
ですので、昔からの顧客さんは北山の靴屋みたいに思ってくださっていて
「クロケットもなんか作らへんのか?」みたいに言ってくださる顧客様もいらっしゃいます。


そんななか、宮城興業さんのパターンオーダーがきっかけになり
日本製の靴に興味を持ちました。
日本製のスーツだけでなく、靴に関しても
日本の職人さんに丁寧につくってもらえるし、納期も早い。
欧米にも勝るクオリティでコストパフォーマンスも高いので
英国やイタリア・フランス・スペインのそこそこクオリティ高いと思う
舶来もののシューズに比べても安価にお客様にご提供できます。
日本の職人によって作られる靴
組み立てもすべて日本 なかなかないです。
時計なんかもそうではないのでしょうか。
ムーブメントから組立てまで全てジャパン
知名度と市場の浸透性で取り分けわかりやすいのが、グランドセイコー
くらいではないでしょうか。


ありとあらゆる国内工場を探すのに時間と労力を掛けてきた甲斐あり
現在は、ショップ以外に靴卸のOEMのお仕事もさせてもらっております。
これまで海外でつくりこんできた経験を
日本人の足にフィットする靴として落とし込む作業が始まっています。


時計やスーツ・シャツとの違いは

根本的に靴が足に合わなければ

足には痛みが生じるということです。

ごまかしがきかないですね。
とにかく、僕としても靴が基盤となっていてるわけで
もっと情報を発信していこうと思いました。



それからは、しばらくアパレル主体
毎年フィレンツェであるPitti Uomoを中心とした展示会に出入りしていました。

今年は、もっと生産現場レベルでの素材やカラーリングの仕組みが知りたく
イタリアとフランスでの展示会に行かせて頂きました。
接客の時しかそういったお話をしなかったので
こちらでもそうゆうことも書いていこうかなと思いました。


本題に戻りますと
今期秋冬からのトレンディーなアイテムとしては、スエード素材
特に黒のスエードの打ち出しが多かったです。
靴に限らず、ウエアー類革ジャンなんかに関してもそうなんですが
テイスト的にはイタリア一辺倒というよりも
フレンチテイストだったり、継続して英国調であったり程よいミックス感というのが
キーワードとなっているのかなと。
時代の流れでもある、楽(らく)、軽快というのもキーワードになっていますね。
そこから、機能性という流れもひとつキーワードとしてあるのですが
よく、「英国紳士は黒靴、イタリア洒落オヤジは茶靴。」
みたいなところがあったのですが、そうゆう古典的な思考も無くなりつつあります。
映画などを参考として、古きよきものを取り入れるのは勉強にもなりますし、素敵だと思いますが
そのままだと流れとは逆行した所謂オタク的なコスチュームになりがちなので
気を付けなければいけないと感じます。


パンツのシルエットがワンプリーツのものやツープリーツのもの
ダブルのスーツが増えてきたのも流れですね。
今は、あえて黒靴でキメルみたいな風潮になっています。
黒だとモードっぽくなるので
スエード素材ならコーディネーションが
柔らかくなり柔軟性があるので、クラシコなのかフレンチなのかわかりませんが
相対的に見て使いやすいという感じで思ってもらえれば
トライしやすいと思います。

 


おすすめしているスエード素材は、チャールズ・F・ステッド社製のもの(英国製)


独特のぬめり感と柔らかな履き心地ではありキップやカーフより履いていて楽なうえ

シッカリしている素材でブラッシングすると表情が戻りやすく扱いやすいです。
よろしければ、ご参考にしてみてください。

 

↓よろしければ、ご参考にどうぞ

https://www.instagram.com/piccolo_kyoto/

MORE